>お気に入りに追加
このページの情報は
2009年2月1日18時21分
時点のものです。

山口県萩からお届け!特別価格!送料無料+5%OFF 萩焼(はぎやき)・刳り貫き小皿揃/田中講平作・木箱付

山口県萩からお届け!特別価格!送料無料+5%OFF 萩焼(はぎやき)・刳り貫き小皿揃/田中講平作・木箱付
価格:15,000円
納期:

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 浴衣 七五三 和雑貨なら部坂呉服店
発売日 :

■サイズ:皿:約12.0×12.0×高さ4.5×5■内容:木箱付■作家:田中講平<作家紹介>日本工芸会正会員日本伝統工芸展 5回入選日本陶芸展(ビエンナーレ) 5回入選一水会陶芸展「一水会賞」 受賞日本工芸会四国支部「奨励賞」 受賞など。■ギフト用途:内祝い/結婚祝い/結婚式引き出物/法要引出物(法事)/香典返し/記念品/お礼(御礼)/海外へのおみやげ(御土産)/餞別/新築祝い(新居祝い・改築祝い・増築祝い)/開店祝い(開業祝い・創立記念)/景品(粗品)/銀婚式/真珠婚式/金婚式◆こちらの商品を買った方はこちらの商品も買っています。    ↓ ↓ ↓萩焼・朝霧汲み出し揃/木箱付商品番号:eha-02911◆オススメ商品    ↓ ↓ ↓萩焼(はぎやき)・御本手楕円取り鉢揃/船崎透作・木箱付萩焼(はぎやき)・釉彩小鉢揃/化粧箱付萩焼(はぎやき)・青流平小鉢揃/木箱付萩焼(はぎやき)・風雅小鉢揃/化粧箱付萩焼の起源は、400年前、豊臣秀吉とともに朝鮮半島に渡った毛利輝元が、現地の陶工李勺光(りしゃっこう)、李敬(りけい)の兄弟を伴って帰国したことに遡ります。陶工たちは、毛利氏が萩に城を移した時も同行し、李勺光は萩で御用品を焼く窯を開くことを許されました。この窯が萩焼のはじまりとなりました。李勺光の死後は、李敬が窯を継ぎ、藩主から「坂高麗左衛門」の名を受け、その名は現在まで受け継がれています。萩焼の大きな特徴は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸水性にあります。高火度で比較的短時間で焼成し土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼しまっていないので軽く、保温性を持っています。さらに吸水性があるため、長年使っていくうちに茶や酒が浸透して茶碗の色彩が変り、茶人の間では「茶馴れ」といって珍重されています。また、形・装飾に素朴さがあり、絵付けはほとんどなく、土の配合・釉薬(うわぐすり)のかけ具合、へらや刷毛目による表情が愉しめるのも特徴のひとつです。


このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  内祝い 通販
Ads by Sitemix