>お気に入りに追加
このページの情報は
2009年2月1日18時18分
時点のものです。

京都の京焼・清水焼青磁の小猪口・松斎陶苑作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】

京都の京焼・清水焼青磁の小猪口・松斎陶苑作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】
価格:2,231円
納期:

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 京都の和菓子 京みずは
発売日 :

紙箱・ラッピング・のし紙はここをクリックしてくださいこのページではインラインフレームを使用していますインラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方は、こちらで内容をご確認いただけます。【バレンタイン】【お取り寄せマップ 京都】【通販】【通信販売】【京焼き】【清水焼】【帰省の手土産】【帰省みやげ】【快気祝い】【快気内祝い】【お土産 パーティー】【お土産 パーティー】【お土産 取引先】【お土産 親戚】【お土産 ダンナの実家】【お土産 同窓会】【お土産 パーティー】【ギフト 贈りもの】【法事 法要】【お見舞い お見舞】【お土産マップ 京都】【贈物】【贈り物】ネット限定】【ご褒美 ごほうび】【帰省】【ポイント使っちゃおう】【プチギフト】【結婚式】【出産祝い】【誕生日】【バースデー】【お祝いに贈る】【内祝い】【お土産 おみやげ】【仏事 不祝儀】【粗供養 御仏前 御供え お供え】【粗品】【ご両親に贈る】【おじいさん・おばあさんに贈る】【お世話になった方へ】【親しい知人に贈る】【新生活】【新生活特集】【春の新生活スタート】【社会人1年生】【フレッシャーズ】【ひとり暮らし 一人ぐらし 独り くらし】【就職お祝い】【初任給での贈り物】【入社祝い】【昇進祝い 栄転祝い】【退職 挨拶 あいさつ】【転居御祝い】【引越し祝い】【地鎮祭 新築祝い 新居祝い 改築祝い 増築祝い 落成記念 上棟祝い】【お返し】【スタイリッシュ】【シンプル】【モダン】【キュート】【上質】【ワンランク上】【プレミアム】【高級な器】【引き出物 内祝い 出産内祝い 結婚内祝い 快気内祝い】【お返し】【ご結婚祝い】【匠の器】【匠の技がつくる器】【職人の手仕事】【絵付け】【京もの 京もん】【京もんの器屋】【テーブルウェア】【調理用品 京料理の器】【設立記念 周年記念 開業記念 新工場落成記念 記念品】【目標達成記念の記念品 トップ賞】【景品 賞品】【イベント】【お得意様向け 高級贈答品 高級伝統工芸品お土産品】【贈り物 プレゼント ギフト】【メモリアル】【熨斗紙 のし】【産直 産地直送 窯元直送】【高級品市場 シニア市場 ギフトセンター 法人ギフト】【高級陶器 高級陶磁器】【味のある器】【茶人好み 茶の湯】【和敬清寂】【一期一会】【おしゃれ 華やな器】【雅味 風趣 風雅】【四季の和食器】 ◆青磁の小猪口・松斎陶苑作青磁の小猪口 松斎陶苑 作清水焼の割烹料亭向けの食器を主に作れている、大きな窯元 松斎陶苑こと松斎窯が製作した、青磁の小猪口です●小猪口とは関西では主に懐石料理の刺身醤油、酢の物などをいれる小さな器として使われます。ですので、・涼しげ・汚れが付きにくい無貫入の本作の青磁、白磁、青白磁の類こういった風合いの器が好まれる傾向にあります。こちらの器は、四方を隅切りにせずに、へこませて変形してあるのが特徴です。●作るのが難しい、青磁の器青磁の器は、焼き上がり時の色むら、鉄粉、降り物など、わずかな不具合でも下物として不良品扱いとなってしまいます。また窯の焼成も強度の還元でないといけないので、歩留まりが悪く、作り手泣かせの焼き物といえます。業界の格言で『青磁を焼くと家をつぶす』とまでいわれています。また京焼清水焼の業界でも青磁を焼く窯元はそれほど多くはありません。●仕上がりによって、写真の色合いの器にくらべ濃かったり淡いカラーだったりすることがございますので、気になる方は一度お問い合わせくださいませ。裏側は古色を出すため、あえて鉄が塗られているので茶褐色になっています直径7cm 高さ3.5cm 重さ60g▼食洗器使用可 ▼電子レンジ使用可 ▼オーブン使用不可陶歴緑居窯 松斎陶苑 初代 福田松斎は、明治初年五条坂にて専ら陶彫を行う。その作品は遠く海外にも渡る。二代 松斎名は菊次郎。初代より陶彫の技を継ぎ、また中国古陶の釉薬の研究に没頭。中でも蘇波釉、海鼠釉、辰砂釉、青磁等に妙技を揮う。大正二年に、窯を五条から現在の日吉町に移し、緑居窯と呼ぶ。三代 松斎は松平、昭和四年二代の跡を継ぐ時代の推移に鑑み、広く工芸的な割烹食器及び日常生活用器等の量産を始める。事業の進展に伴い、昭和二十四年工房を松斎陶苑と称し、株式組織に改め、常に新しい機構を採り入れ京焼としての製品の合理化と品質の向上を図る。また昭和二十四年より三十五年まで京都陶磁器協同組合連合会理事長として、業界の振興発展に貢献する。四代 茂郎は三代松平の義弟で、昭和五十六年後継者として安田より福田に移籍、代表者となる。一方に於いては新匠工芸会会員として作家活動を続ける。五代 一平は、四代茂郎の長男。父の薫陶を受け、平成三年より、代表者となり、現在に至る。


このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  内祝い 通販
Ads by Sitemix