>お気に入りに追加
このページの情報は
2009年2月1日18時27分
時点のものです。

京都の京焼・清水焼(大)百福のカップアンドソーサー・与し三作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】

京都の京焼・清水焼(大)百福のカップアンドソーサー・与し三作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】
価格:9,300円
納期:

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 京都の和菓子 京みずは
発売日 :

紙箱・ラッピング・のし紙はここをクリックしてくださいこのページではインラインフレームを使用していますインラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方は、こちらで内容をご確認いただけます。【バレンタイン】【お取り寄せマップ 京都】【通販】【通信販売】【京焼き】【清水焼】【帰省の手土産】【帰省みやげ】【快気祝い】【快気内祝い】【お土産 パーティー】【お土産 パーティー】【お土産 取引先】【お土産 親戚】【お土産 ダンナの実家】【お土産 同窓会】【お土産 パーティー】【ギフト 贈りもの】【法事 法要】【お見舞い お見舞】【お土産マップ 京都】【贈物】【贈り物】ネット限定】【ご褒美 ごほうび】【帰省】【ポイント使っちゃおう】【プチギフト】【結婚式】【出産祝い】【誕生日】【バースデー】【お祝いに贈る】【内祝い】【お土産 おみやげ】【仏事 不祝儀】【粗供養 御仏前 御供え お供え】【粗品】【ご両親に贈る】【おじいさん・おばあさんに贈る】【お世話になった方へ】【親しい知人に贈る】【新生活】【新生活特集】【春の新生活スタート】【社会人1年生】【フレッシャーズ】【ひとり暮らし 一人ぐらし 独り くらし】【就職お祝い】【初任給での贈り物】【入社祝い】【昇進祝い 栄転祝い】【退職 挨拶 あいさつ】【転居御祝い】【引越し祝い】【地鎮祭 新築祝い 新居祝い 改築祝い 増築祝い 落成記念 上棟祝い】【お返し】【スタイリッシュ】【シンプル】【モダン】【キュート】【上質】【ワンランク上】【プレミアム】【高級な器】【引き出物 内祝い 出産内祝い 結婚内祝い 快気内祝い】【お返し】【ご結婚祝い】【匠の器】【匠の技がつくる器】【職人の手仕事】【絵付け】【京もの 京もん】【京もんの器屋】【テーブルウェア】【調理用品 京料理の器】【設立記念 周年記念 開業記念 新工場落成記念 記念品】【目標達成記念の記念品 トップ賞】【景品 賞品】【イベント】【お得意様向け 高級贈答品 高級伝統工芸品お土産品】【贈り物 プレゼント ギフト】【メモリアル】【熨斗紙 のし】【産直 産地直送 窯元直送】【高級品市場 シニア市場 ギフトセンター 法人ギフト】【高級陶器 高級陶磁器】【味のある器】【茶人好み 茶の湯】【和敬清寂】【一期一会】【おしゃれ 華やな器】【雅味 風趣 風雅】【四季の和食器】 ◆(大)百福のカップアンドソーサー・与し三作清水焼京都カップアンドソーサー大のサイズは、当ページで販売しています。 百福のカップアンドソーサー浅見与し三窯 作五条坂の浅見よし三窯は、有名な百福のお茶碗を作っている窯元です。 柔らかい土の暖かみを生かしたクリーム色の生地に描かれたお福さんのお顔が優しい器です。元々 与し三窯が考案したお福の意匠は百福と書いておふくと読みます。「使い手に百の福が来るように」そう、心を込めて描かれており、汲出碗や銘々皿など様々な器の定番商品となっております。1つ1つお福のお顔は手書きですの微妙に表情の柔らかさが違います。目の表情なんかはどうしても右利きで描くと右に寄りやすくなっています。目や髪の毛の黒い色は鉄絵といって昔から京焼が得意とする絵付け技法です。下絵で描かれた絵付けは決して絵が擦れて消えることが無く、割れない限りいつまでもお福の表情を楽しんでお使い頂けます。人の顔や動物って、風景や植物の絵よりも描くのが難しいらしいですよ。少しの部分で雰囲気が随分変わってしまうのだとか。お福の絵柄はたくさんの窯元で出されていますが、元祖はこちらの窯元であり、値段は少々張るものの、万人が認めるお福のお顔となっています。カップや皿にある横に入った筋は、ロクロの微妙な指筋や、カンナで削った跡です。これは、手仕事の器である証しですね。 百福のカップアンドソーサーは、2サイズございます。 大のサイズは、当ページで販売しています。 大のサイズカップ 直径9cm (持ち手除く)高さ6cm 重さ150gソーサー直径15cm 高さ2.5cm 重さ220g ▼食洗器使用可 ▼電子レンジ使用可 ▼オーブン使用不可 百福のカップアンドソーサー小のサイズは、別のページで販売しています。クリック! 陶歴 吉峯窯 四代目 浅見 与し三 初代与し三は大正元年父与之助(二代五郎助の次男)より分家して五条坂にて開窯 昭和三十六年五条坂に生まれる 父(二代目)叔父(三代目)の許、作陶を修行し平成四年四代目 襲名 平成七年大徳寺塔頭瑞峯院前田 昌道老師より吉峯窯の窯名を賜る こちらの商品の絵付けは「下絵」です。 下絵(したえ)とは 陶磁器の釉薬の下に描かれた絵付けを下絵(したえ)といい、近年までは主に金属が原料の呉須や鉄を着色剤として筆に付けて素焼に描いてきました。最近では技術が発達しピンクや赤、青、黄といったカラフルなの色彩のものも使われています。  上絵(うわえ)との違いは絵付けが釉薬によってコーティングされるため、色合いや絵柄が永久に劣化しない点や釉薬によって絵付けが包み込まれて発色す るため色合いに柔らかみがますといったことが挙げられます。金箔や銀箔を貼った後、釉薬をかけて焼く釉裏金彩も下絵付(したえつけ)の技法を利用した焼きものの1種です。  下絵については特に使用上注意はございませんが、高温(1,200度以上)で焼成するので色合いが写真の物と微妙に違うおそれがあります。


このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  内祝い 通販
Ads by Sitemix