>お気に入りに追加
このページの情報は
2009年2月1日18時27分
時点のものです。

京都の京焼・清水焼祥瑞丸紋徳利・春晃窯作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】

京都の京焼・清水焼祥瑞丸紋徳利・春晃窯作【お菓子と同梱不可・別途送料が必要です】【va-re-n2009】
価格:24,937円
納期:

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 京都の和菓子 京みずは
発売日 :

紙箱・ラッピング・のし紙はここをクリックしてくださいこのページではインラインフレームを使用していますインラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方は、こちらで内容をご確認いただけます。【バレンタイン】【お取り寄せマップ 京都】【通販】【通信販売】【京焼き】【清水焼】【帰省の手土産】【帰省みやげ】【快気祝い】【快気内祝い】【お土産 パーティー】【お土産 パーティー】【お土産 取引先】【お土産 親戚】【お土産 ダンナの実家】【お土産 同窓会】【お土産 パーティー】【ギフト 贈りもの】【法事 法要】【お見舞い お見舞】【お土産マップ 京都】【贈物】【贈り物】ネット限定】【ご褒美 ごほうび】【帰省】【ポイント使っちゃおう】【プチギフト】【結婚式】【出産祝い】【誕生日】【バースデー】【お祝いに贈る】【内祝い】【お土産 おみやげ】【仏事 不祝儀】【粗供養 御仏前 御供え お供え】【粗品】【ご両親に贈る】【おじいさん・おばあさんに贈る】【お世話になった方へ】【親しい知人に贈る】【新生活】【新生活特集】【春の新生活スタート】【社会人1年生】【フレッシャーズ】【ひとり暮らし 一人ぐらし 独り くらし】【就職お祝い】【初任給での贈り物】【入社祝い】【昇進祝い 栄転祝い】【退職 挨拶 あいさつ】【転居御祝い】【引越し祝い】【地鎮祭 新築祝い 新居祝い 改築祝い 増築祝い 落成記念 上棟祝い】【お返し】【スタイリッシュ】【シンプル】【モダン】【キュート】【上質】【ワンランク上】【プレミアム】【高級な器】【引き出物 内祝い 出産内祝い 結婚内祝い 快気内祝い】【お返し】【ご結婚祝い】【匠の器】【匠の技がつくる器】【職人の手仕事】【絵付け】【京もの 京もん】【京もんの器屋】【テーブルウェア】【調理用品 京料理の器】【設立記念 周年記念 開業記念 新工場落成記念 記念品】【目標達成記念の記念品 トップ賞】【景品 賞品】【イベント】【お得意様向け 高級贈答品 高級伝統工芸品お土産品】【贈り物 プレゼント ギフト】【メモリアル】【熨斗紙 のし】【産直 産地直送 窯元直送】【高級品市場 シニア市場 ギフトセンター 法人ギフト】【高級陶器 高級陶磁器】【味のある器】【茶人好み 茶の湯】【和敬清寂】【一期一会】【おしゃれ 華やな器】【雅味 風趣 風雅】【四季の和食器】 ◆祥瑞丸紋徳利・春晃窯作清水焼徳利京都 祥瑞丸紋徳利 伊藤 春晃 作 おそろいでいかが? 祥瑞丸紋盃の単品販売はこちらのページで販売 清水焼を代表する窯の作品で、手抜き無く祥瑞模様がびっしり描いてあるのが必見です。 注ぎ口の辺りに瓔珞模様があるので高級品の証拠です。 染付けの青と赤絵の色使いが非常にきれいでしょ♪ こちらの窯元は呉須も自分の家で代々調合し、焼成もガス窯で長時間行っています。 染付は電気窯よりガス窯の方がきれいに発色するため、呉須の色が美しく、 白い色に良く映えた器に仕上がっているというわけです。 ちなみに、ガス窯は、実際に火を使うので住宅密集地では敬遠されているのが現状です; 徳利は、手で持って丁度いい大きさです。 徳利・・・縦8.5cm 横8.5cm 高さ9.5cm 重さ200g 容量230cc ▼食洗器使用可 ▼電子レンジ使用可 ▼オーブン使用不可 他の京焼清水焼の染付けの工房よりも 釉薬が厚め 【丸紋】といわれる絵付け技法 陶歴 陶歴 伊藤春晃 伊藤庄市 明治36年5月29日生 出身地 愛知県瀬戸市 大正7年 父幸太郎(晃山)とともに上京 昭和2年 初代 春晃 伊藤勲 昭和9年2月17日京都東山五条に生まれる 昭和27年京都市第2工業学校窯業科卒業 昭和27年父 春晃に師事 昭和55年2代春晃襲名 初代春晃の歴引を継ぎ、研究を重ね現在に至る 特に中国元・明時代の古染付、祥瑞、古赤絵筆の写しを秘技とする様制作に専念している。 こちらの商品の絵付けは「下絵・上絵」両方の技法が使われています。 下絵(したえ)とは 陶磁器の釉薬の下に描かれた絵付けを下絵(したえ)といい、近年までは主に金属が原料の呉須や鉄を着色剤として筆に付けて素焼に描いてきました。最近では技術が発達しピンクや赤、青、黄といったカラフルなの色彩のものも使われています。  上絵(うわえ)との違いは絵付けが釉薬によってコーティングされるため、色合いや絵柄が永久に劣化しない点や釉薬によって絵付けが包み込まれて発色す るため色合いに柔らかみがますといったことが挙げられます。金箔や銀箔を貼った後、釉薬をかけて焼く釉裏金彩も下絵付(したえつけ)の技法を利用した焼きものの1種です。  下絵については特に使用上注意はございませんが、高温(1,200度以上)で焼成するので色合いが写真の物と微妙に違うおそれがあります。 上絵(うわえ)とは 一度、高温で焼かれた陶磁器の釉薬の上にする絵付けを通常、上絵(うわえ)と呼びます。上絵付け後に再度、低温で釉薬の上に焼き付けるため、焼く回数も多くなり、下絵より値段も割高になります。ただ低温で焼くので、色の発色が綺麗で色数も多いです。清水焼の代表的な技法の1つ、交趾も上絵の一種にあたります。 固い物で強くこすると上絵がはげたり、色合いが劣化する恐れがあります。お洗いの際は柔らかいスポンジなどでぬるま湯を使って優しくお洗い下さい。食器洗浄機や電子レンジのご使用もおすすめ致しません。また漂白剤など強力な薬品をお使いになると変色する恐れもございます。 上絵の中でも金彩、銀彩の使われた器については電子レンジを使うと火花が飛びますので、絶対にお止め下さい。


このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  内祝い 通販
Ads by Sitemix